9月9日、重陽の節句の集まりを行いました。菊と秋の食材で日本酒を楽しむがテーマです。

 

初個展中の土田和茂さんをはじめとして、若い漆うつわの作り手さんもご一緒してくださり、

 

漆とお酒が好きなみなさんとにぎやかな集まりとなりました。

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

朱色の手桶は吉田宏之さんのお父さんの塗り、

 

菊姫、白菊と菊にちなんだ日本酒を楽しみ、

 

写真のお酒、お土産にいただいた浦霞は仙台の

 

自家麹で仕込んだお酒です。

 

 

吉田宏之さんの作品はこちら>>

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

めいめいがお気に入りのおちょこを持ち寄り、菊の花を浮かべます。

 

うつわの話も盛り上がり、片口から注がれるお酒もすすみます。

 

片口を見る>>

 

お猪口を見る>>

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

持って来ていただいた菊の葉を箸置きにして

 

一層雰囲気が出ます。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

菊の花びらをふんだんに使って、お野菜を中心にしたお料理が並びます。

 

盛り付ければ華やかな印象に。大皿はこちら>>

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

菊の花、栗、銀杏、どれも秋の深い黄色です。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

きのこと銀杏の蒸し焼き、フライパンと

 

ボウルの蓋で手早く作っていただきました。

 

すだちとあさつきがアクセント。

 

鶏肉ときのこの間に挟んだ人参が、

 

両方のうまみで一層おいしく感じました。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

出始めの栗は、やはり栗ごはんに。

 

みなさん初物だったようで

 

大変喜んでいただきました。

 

写真は土田和茂さんの福椀によそったものです。

 

土田和茂さんの作品はこちら>>

 

お椀一覧はこちら>>

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

締めは、「きせ綿」のお菓子とお抹茶を。

 

重陽の節句に菊の花に綿を載せて露を受ける行事にちなんだお菓子です。

 

写真の作品:地塗り漆箱はこちら>>

 

桐本泰一さんの作品はこちら>>

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

まだまだ日中は暑いとはいえ、9月になると秋の気配を感じます。

 

季節を感じさせてくれる和菓子や日本酒で行った初めての節句の集まり、

 

次の機会もぜひと話しながら名残惜しくも散会といたしました。

 

 

>>過去の記事はこちらからご覧いただけます。