2013年1月18日、

舎林にて開催中の『仁城義勝 木の器展』

初日に行ってきました!

今回はご一緒に制作活動をなさっている、

息子さんの逸景(いっけい)さんと

共にいらしゃっていました。

入れ子椀

 

 

 

続々とお客様がお見えになり、仁城さんは引っぱりだこ。

遠方からお越しのお客様も!!

 

みなさま口々に笑顔で

「この日を楽しみにしていたんですよ!」

 

仁城さんの作品の人気が伺えます。

 

 

 

 

 

 

 

 

今回は仁城さんのすてきな仲間、

倉敷市の「工房たろう」さんの

漆仕上げの、カトラリー・料理へら・鍋敷き・ボタンも

並べられていました!

箸が一番人気のようで、

多くの方がご購入なさっていました!

入れ子椀

 

入れ子椀

 

 

当店でも一番人気の入れ子椀セット!

店頭で手に取るお客様は

入れ子椀と応量器のどちらにするか、

決めかねるお客様が多いとのこと!

 

確かに分かります!

応量器の丸みのあるフォルムもとても素敵ですので、

なかなか選べそうにありません。嬉しい悩みですね!

 

★仁城義勝作No.12 入れ子椀セット 栃 木地溜

★仁城義勝作No.38 応量器

 

 

 

 

 

 

 

新作の長方形の重ね鉢も発見!!

とても使い勝手が良さそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
 
 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 仁城義勝さんへのインタビュースタート!


Q.この仕事を始められたきっかけを教えてください。

A.工業高校卒業後に東京へ行き、サラリーマンをしていましたが、
 自分に合わないと思い、倉敷へ戻りました。
 その後、会社勤めやアルバイトをしましたが納得がいかず、
 自分探しの旅で沖縄、北海道など放浪していました。

 再び倉敷へ戻った時に、同業種の仕事をしていた地元の友達が
 自分のために探してくれたのが今のこの仕事だったんです。
 
 それからは4年間富山県でこの仕事を学んできました。
 降雪地帯で『自然の重み』に色々と助けられましたね。
 4年間していたから技術も身についたし、友達に自分の方向性を作ってもらえたという事でしょうね。

 こうしてうつわを作っていたわけですが、自分が作ったうつわは
 ふし等を理由に値下げをされたり返品があったり…。
 人ってわがままだなぁ、と思いました。
 でも僕自身も『美意識』というものをそれまで考えた事がなかったんですが、
 今では考えるようになりました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Q.逸景さんにもお伺いします。
 このお仕事を始められのは、お父様の背中をご覧になってきて、
 作りたいと思われたからなのでしょうか。

逸景さん:
A.いえ、違いますね。僕は普通のサラリーマンになろうと思っていました。
 ただ、履歴書を書こうとした時、履歴書のような『大人っぽいもの』は書けないと思いました。
 そこで何をしようかなと思った時、父に「何もやる事なかったらやってみるか」
 と言われたのがきっかけですね。

 義勝さん:結局きっかけは僕と同じですね!成り行きです(笑)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Q.今回のおすすめや思い入れの強い作品などありますか。

A.おすすめ、というのは僕の場合違いますね。
 どのうつわも、自分の想いで
 使いやすいだろうと思って作っているので、
 特別これがおすすめ、というものはありません。
 うるしと木で作り上げている世界なので。
 逆に、これはもっとこうしたら良かった、
 と思う事はあります。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Q.販売時期が11月と決まっているはどうしてでしょうか。

A.以前は春先と秋口に展示会で回っていましたが、
 結果として仕事のロスが多かったんです。
 そのため、今は春先の展示会はやめて、1年作りためてから秋だけに展示会で回るようになりました。
 また、うつわはもう少し安くも設定できたのですが、少しだけ金額をプラスして、
 そのプラスした分を『自分の目標』になるようにしています。
 例えば8千円で販売出来るものを、敢えて1万円にする。
 プラスした分、その金額に見合うようなうつわにしよう、という目標です。
 また使う人も、安い物を買った、と扱いがぞんざいにならないようにという想いもあります。

 1年間待っていただけるのはありがたいです。
 その『待つ時間』も楽しみという声もいただきますので、本当にありがたい限りです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Q.地域によって売れ筋や人気の作品は違いますか。

A.地域ではなく、その年によって売れ行きが違う事がありますが、
 基本的にはお椀、お皿、小物など、毎日使う道具なのであまり変わらないと思います。
 後は取り扱ってくださるオーナーさんによるところが大きいです。
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

重ね鉢に盛り付けられたお漬物を囲み、
ゆっくりお話をお伺いしました。
お客様も仁城さんとのお話を
楽しんでいらっしゃる様子でした。

★仁城義勝作 No.93 重ね鉢 栃

関連記事
ブログ「お気に入りの使い勝手がさらに良くなりました」

 

 

楽しく有意義なひとときをありがとうございました!

 

今回の仁城さんのインタビューで、心に残った言葉は、

『自分のうつわを超える事はできない、だって作るのは自分だから』

ご自分を追及なさっているさまが伺えました!

 

これからも色々な作家さんにインタビューをさせていただき、

うるし見聞録でご案内したいと思います!!

 

>>過去の記事はこちらからご覧頂けます。