輪島キリモト 桐本泰一作 漆の名刺入れ makiji 赤口朱 99×62×11mm [sy-ki-001-r]

輪島キリモト 桐本泰一作 漆の名刺入れ makiji 赤口朱 99×62×11mm [sy-ki-001-r]

販売価格: 15,000円(税別)

(税込価格: 16,500円)

お問い合わせください
色違いはこちら⇒

『漆ギャラリー舎林推奨品』
輪島の地元材の「ひのきあすなろ」を素材に、蒔地技法で仕上げた名刺入れです。
傷つきにくい仕上げですので、、毎日身につけてお使いいただけます。
使いこむほどに艶が増します。

色は4種類(黒、弁柄、赤口朱、白)です。
 ※色違いございます。下の「他の写真を見る」でご案内しています。

【蒔地技法 makiji】
これまでにあった下地の蒔地技法を桐本が独自に応用して、金属のスプーンなどを使っても傷つきにくい表面硬度にすることに成功した技法です。
天然木に漆布着せを行い、下地で使う輪島地の粉をもう一度表面に近い部分でも使用したものです。
(輪島キリモト・桐本木工所 HPより)

● 作り手としての気持ち ●
漆器は木や漆といった自然からの恵みを使い、木地、塗りの職人さんをはじめ、いろいろな方面から協力していただいている方々と一緒になって作りあげます。
独りよがりになってはいけないけれど、「少しでも多くの人々に木や漆を知ってもらい、使ってもらえるものを作りたい」という思いが、私のモノづくりの原点です。     
桐本泰一:企画、構想/デザイン/監修
仲間たち:木地・下地・研ぎもの・上塗り・蒔絵・呂色に携わる職人さん。

● 使い手へのメッセージ ●
漆が木に塗られると・・・使うための強さが加わる、腐らないようになる、きれいになる、使うと気持ちよくなる、直しながら使えるようになる・・・
意外と知られていないことが多いのです。
輪島にて木を刳る加工が得意な朴(ほお)木地屋が考える、漆の器、家具、建築内装材などをご覧ください。木や漆の新しい発見があるかもしれません。

■サイズ:99×62×11mm

他の写真を見る

  • 手前から、赤口朱、白、黒、弁柄となっております。
    こちらの写真はイメージ図となっており、実際の販売はセット売りではございません。